韓国人だけがかかる病気「火病(ひびょう、ファビョン)」、米国精神医学会で公式登録されました

*画像:アメリカ精神医学会(American Psychiatric Association) のページより

朝鮮民族の特長は、すぐにカッとなったり大泣きしたりと、感情をおさえることができないという精神的な問題をかかえていることです。日本でも、すぐにカッとなって(キレて)犯罪に手を染めるのは朝鮮民族だと言われています。その朝鮮民族特有の精神的な病気が「火病」だと言われています。

朝鮮民族の「火病」の発症だと思われる写真

さて、いままでは噂(うわさ)でしたが、このたび現実としてアメリカ合衆国精神医学会で、「韓国人(朝鮮民族)だけがかかる病気」として精神病の火病(ひびょう、ファビョン、Hwa-byung)という病気が正式に登録されました。

保守速報さまより

世界には韓国人にのみかかる特別な病気が存在するという。

韓国のオンラインコミュニティに「韓国人だけかかる病気」というタイトルの記事が掲載され、またそれを韓国のニュースサイトが取り上げた。その病気の名前は「火病(ファビョン)」といい、悔しい気持ちを抑えられずに生理機能の障害などで頭痛や胸が苦しくなる精神疾患症状。

これは韓国のみに存在する文化固有の障害であり、米国精神医学会で発表した精神疾患の診断と統計マニュアル書籍であるDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)では、病名を韓国表記でHwa-Byong(つぼと同音)と公式登録した。医学会でも韓国特有の文化症状群と定義している。

このような文化固有の障害は心理的な症状だけではなく、具体的な身体化症状も引き起こす。この症状を治療するために、病院を探しても、原因の特定は難しく神経性症状と診断される場合が多い。

韓国で「火病」を抱えて居る多くの人は50代の女性だという。この統計から、男性(旦那)の権威に対して家庭内での自分の感情を抑制しすぎて症状がでるのだという。また家庭内で自分の主張を話すことができず、目上の者に服従する韓国のトップダウン文化も「火病」を誘発している。

「火病」と言えば日本のネットで「ファビョン」や「ファビョる」などとスラングのように使われており、都市伝説扱いされているが実は正式な病名であった。また韓国だけで無く、マレーシアやインドネシアの人がかかる病気、アムク(Amuk)というものも存在。これは国から感情が抑圧された生活を送っているため、限界になると他人に暴行を加えたり最悪の場合は殺人を犯すというもの。日本では「中二病」と呼ばれているものがあるが、これはスラングであり正式な病名では無い。

米国精神医学会により、朝鮮民族特有の病気が正式に登録されました。すぐにカッとなり、感情をおさえられなくて、問題をおこす精神病の遺伝子をもつ朝鮮民族(在日と帰化の韓国朝鮮人たち)には気をつけましょう。

【朝鮮民族には気をつけよう】公園で包丁を振り回す在日韓国人(銃刀法違反)

【犯人はやっぱり朝鮮人でした】大阪・線路突き落とし事件:犯人はやはり朝鮮人

【釧路イオンモール事件】殺人事件なのに、ニュースで名前が報道されない場合、犯人は朝鮮人?

死刑は日本の宝です

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告