愛国心が強いアメリカ人、そして日本に不要な日本共産党

Screen-shot-2012-05-02-at-1.11.18-PM

愛国心が強くなる理由:アメリカの義務教育

アメリカの義務教育は、毎朝、授業が始まる前に、起立し、片手を胸にあて、アメリカ国旗に向かい、この文言を唱えることが義務なのです。毎日、アメリカ合衆国に忠誠を誓い、アメリカ人として生まれるのではなく、アメリカ人になってゆくのです。

pledge_of_allegiance
訳:忠誠の誓い
アメリカ合衆国国旗と、アメリカ合衆国国旗が象徴する、すべての人のために自由と正義を備えた、神の下(もと)で分割できない一つの国である合衆国に、私は忠誠を誓います。

images

ダウンロード

日本人としての教育に反対する日本の教員

日本は、国旗をいやがり、国歌も歌わせない教員たちから、日本人になれないように、日本人としての誇りもプライドも捨てるような教育をされてきました。もう、そういう時代は終わったのです。

一度戦争に負けたくらいで、伝統・文化・歴史を捨て去る教育をしてきたのが、いままでの教育者たちなのです。時代が変わりました。目を覚ましましょう。変な教員の影響を受けないようにしましょう。

ドイツでは共産党禁止

さて、ドイツは現在も共産党が禁止されています。第二次大戦前にヒトラーが禁止して、戦後もドイツでは共産党は禁止された政党です。結党も活動も禁止された政党です。

日本は、戦前、共産党は禁止されていて、共産党員は牢屋(ろうや)送りでした。この点は、日本もドイツに習って、共産党を禁止してほしいですよね。共産党は、なくても困らないのです。

国家を歌わない日本共産党

国歌斉唱では口を閉ざしたままの共産党 産経新聞より 
写真では左側の、手を前に組み、メガネをかけ、小太りで、角刈りの男性が、落選経験のある共産党員。

8523

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告