【在校生向け】マスコミが67年間も隠していたこと

この文書は、大東亜戦争(太平洋戦争)開戦当日に新聞紙上で発表された公の政府声明文なのですが、戦後67年もの間、隠されていて、見ることも調べることもできず、新聞社やTV局は存在を隠し、戦後一度も報道されず、消されていました。

なぜ、隠され、消されていたのでしょう?日本に戦争の大義名分があり、日本に正当性があったことを知られたら困るからなのでしょう。

詳しい解説はこちらです

帝国政府声明文

67年間、マスコミが隠していた開戦の政府声明文(公式)

67年間、マスコミが隠していた開戦の政府声明文(公式)

画像を拡大する

日本の戦争目的は、アジアの植民地解放。日本は戦争に負けましたが、戦争目的は達成し、アジアのすべてが植民地から解放されました。

戦争前は、日本とタイ王国以外は、すべて欧米列強の植民地でした。
植民地

そして、大東亜戦争(太平洋戦争)開戦にあたり、大日本帝国政府が日本国内外(台湾、朝鮮、満州、支那国民政府、タイ王国、南方諸島諸国等)に向けて発したのが上記の「帝国政府声明文」です。

帝国政府声明文」の内容は、日本の戦争目的が、アジアを白人植民地から解放するのだと宣言しています。日本に戦争の大義名分がありました。日本は米国に負けましたが、アジア諸国は、独立できたのです。戦争に負けてしまいましたが、戦争目的は達成され、アジアのすべての国が独立し、成功しました。

現在、反日活動と売国している朝日新聞も、当時は、開戦翌日に報道しています。

12406893823_210a885321_o

画像を拡大する

また、白人を日本がたたきつぶしたので、アジア諸国の人の意識を変えることができましたし、白人支配者をアジアから追い払うことができました。

マレーシア国とインドネシア国の歴史は、日本軍の上陸からスタートします。インドネシアは350年間オランダに支配されていましたが、日本軍がたった9日でオランダ軍を追い払いました。また、マレーシアでは、マレー沖海戦で、絶対に沈まないといわれた英国の戦艦プリンス・オブ・ウェールズを撃沈したことで、マレーシア人に希望を与えました。

動画:反日勢力(朝鮮人とサヨク勢力、日教組、民主・社民・共産、労組)が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声

しかし、事実を知られると困るので、戦後米国によって、日本がすべて悪いという教育がなされ、その片棒をかついでいるのが、先生方の日教組(にっきょうそ、民主・社民)や全教(ぜんきょう、共産)なのです。

戦勝国

日本は、中華人民共和国(中国)、大韓民国(韓国)とは戦争していません。したがって、中国、韓国は戦勝国ではないのです。なぜなら、韓国も中国も、戦前も戦中も存在していなくて、戦後に成立した国だからです。学校の先生や長崎県の教育委員会が教えるウソの歴史にだまされないで下さい。
戦勝国

建国

台湾人 楊素秋さん(昭和7年、日本統治下の台湾・台南市生まれ)の著書『日本人はとても素敵だった』より引用

img_4

今でも兄とよく話すのですが、もし、大東亜戦争がなかったらどうなっていただろうか、と。

恐らく今の東洋の発展はなかったのではないかと思います。西洋の文化に侵略されて東洋の文化は失われていたでしょう。

このように、大東亜戦争は白人の侵略を防ぐことが出来たという素晴らしい功績を残したことも、また事実なのです。

それなのに、日本は四十年も五十年もお前だけが悪いと言われ続けています。

そして、負けた側(日本)がある程度経済的に豊かになると、今度は、「弁償」という言葉のもとにゆすろうとする。これはやくざのやり方です。中国や朝鮮・韓国は、それをずっとやり続けています

テレビを見る度に日本の悪口を言ってる朝鮮の人などを見ると、私は憤りに似たものを感じます。不公平だと。してもらった良いことに対して、なぜありがとうと言わないのか、と

大村高校写真部OBリンク

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告