【アベノミクスの成果】大卒就職率が98% 文系初逆転:民主党政権時代は大卒就職率57%でした

*写真出典:Goo News

就職活動は面接だけではありません。面接の前にSPI(エスピーアイ)などの適性検査が実施されます。適性がなければ、どんな大学出身者であろうと落とされます。また、共産党など共産主義、過激派とつながる立憲民主党の社会主義と関わり合いを持った人は落とされます。ほか、自分自身の性格を、客観的な方法で知っておくことも必要です。

就職内定率が57%で、約半数が正社員になれなくて、非正規雇用になっていた民主党(現、立憲民主党)政権当時の就職活動。現在(2018年)はアベノミクスで、売り手市場で、このようにはなっていません。

経済政策が何もない社会主義政党の民主党(現、立憲民主党)政権当時、大卒就職内定率が57.6%だと伝えるニュース。

スクリーンショット 2016-06-24 2.27.35

経済政策が何もない社会主義政党の民主党(現、立憲民主党)が選挙に負けて、自民党安倍政権がアベノミクスという経済政策を打ち出し、景気が好転しました。以下は景気好転のニュース。

*時事より

5/18(金) 8:57配信 時事通信

大卒就職率、過去最高98%=高卒も27年ぶり高水準

 文部科学省と厚生労働省は18日、今春卒業した大学生の就職率(4月1日時点)が前年春より0.4ポイント増の98.0%だったと発表した。

 7年連続の上昇で、1997年の調査開始以来の最高値を3年続けて更新した。

 文科省が18日公表した今春卒業の高校生の就職率(3月末時点)も、0.1ポイント増の98.1%と8年連続で改善。91年春以来、27年ぶりの高い水準だった。

 文科省は「景気回復に伴い、企業の採用意欲が向上している」と分析している。

 大卒の内訳は、男子が0.6ポイント増の97.5%、女子が0.2ポイント増の98.6%。就職希望率も0.6ポイント増の75.3%で、全て過去最高となった。

 文理別では、文系が0.9ポイント増の98.2%だったのに対し、理系は1.5ポイント減の97.2%で、初めて逆転した。

 高卒の内訳は、男女とも横ばいで男子98.5%と女子97.4%。都道府県別では、富山が99.9%と最も高く、福井(99.8%)、石川(99.7%)と続いた。

社会主義政党の民主党(現、立憲民主党)政権時代は、景気が悪化しても、民主党(現、立憲民主党)は何一つ経済政策がなく、「ただ見てるだけ」というもので、日本の経済的利益を朝鮮半島に流すだけの政権だったように見えました。

*SPIや性格判定を知らない人へ

【在校生向け】自分自身の性格を知る方法、そして日本初の飛び級で大学(千葉大学理系)に入学した人は今

【在校生向け】在校生は、帰宅部に入部してもいいんですか?そして学歴とは別のSPI(適性試験)

なぜ教師は学歴だけで人を判断するのか?

【在校生向け】ヤラセなのでは?:「就活落ちた日本死ね」ブログ

*就活に関して

【在校生向け】就活でアベノミクス様々だから、このまま推(お)すよ

安倍内閣を支持する理由

【在校生向け】選挙権のある高校生、大学生は必ず投票に行くこと。経済政策のない政党が政権を取ると、就職先がなくなるから

【在校生向け】大学進学時の奨学金:ただし、共産党にはだまされないように

【このページの情報を拡散する】