海上自衛隊・新型潜水艦「せいりゅう」、進水しました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-2-13-17

動画:産経新聞より

海自潜水艦「せいりゅう」進水式が三菱重工神戸造船所でおこなわれました。

せいりゅうは「そうりゅう型」潜水艦9番艦。全長84m、全幅9,1mメートル、水中速度20ノット(約40㎞)。建造費は約531億円。平成30(2018)年3月、防衛省に引き渡される予定。

「せいりゅう」という名前の由来(神戸新聞より):艦名は世界遺産に登録されている醍醐寺(京都市伏見区)の守護女神「清瀧権現(せいりゅうごんげん)」から「せいりゅう」と命名された。

つまり女神の名前です。世界遺産 醍醐寺(だいごじ)

【動画あり】新型潜水艦じんりゅう(神竜)完成。三菱重工より海上自衛隊に引き渡し

大音量のヘビメタを鳴らし、敵を追い出す作戦を実行したアメリカ軍と日本の歌姫リン・ミンメイ

【動画あり】海上自衛隊 新型潜水艦せきりゅう、本日進水

【ただ今から指揮を執(と)る】初の女性艦長:海上自衛隊 護衛艦DD-152(駆逐艦)やまぎり

日本の防衛を考える上で、「謎の円盤UFO」の視聴をおすすめ

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告