タイ映画クーガム(=運命の人)と日本人

学校の先生はウソを教えることがある。

ほんとうは、日本人を嫌って反日活動をくりかえしているのは、中華人民共和国と南北朝鮮の三か国だけ。

世界は支那(中華人民共和国)と南北朝鮮だけじゃないことを、学校の先生も、知らなかった人も、事実として知る必要がある。

とくに学校の先生は、教えることばかりの仕事だから、学ぶのは苦手で、頭が思考停止している人が多い。だから、学校外に大きな世界があることを知り、視野を広げ、世界には、支那・南北朝鮮以外に190か国以上あることを知る必要がある。その一助になればと思う。

さて、タイ王国で、日本人のイメージアップにつながった映画があるので紹介します。

作品名「クーガム」2013年
日本兵が主人公。タイ王国で、日本人男性のイメージアップにつながった映画。

日本語版

学校で教えられた歴史は間違いで、本当は、マレーシアもインドネシアも、ミャンマーも日本が解放し、独立の手助けをした事実。高校で現代史を飛ばしてしまうのは、生徒が事実を知るのがまずいからなんじゃないのかな?

事実は、「不敗の半神」と自ら呼んで、神のようにアジアで振る舞っていた西欧列強を追い払い、日本は負けたけれど、英国・フランス・オランダの植民地をすべて独立に導いた。戦争には負けたけれど、戦争目的を達成した。日本の戦争目的は、学校の先生が教える侵略というのはウソで、真実は、アジアの植民地解放。

なぜ日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が、大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか。 G・シャフエー外相(マレーシア)

戦前

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告