広島原爆チームのアメリカ巡洋(じゅんよう)艦は、日本の潜水艦に撃沈された

img_0

広島に投下された原爆を移送した、アメリカ第五艦隊の旗艦・巡洋艦インディアナポリス。

巡洋艦インディアナポリス
img

原爆チーム1199名が乗る巡洋艦インディアナポリスを一瞬にして沈めたのが、日本の潜水艦「伊号(いごう)五八」。魚雷6発連続発射し、3発命中。科学者以外の原爆チーム約900名が戦死しました。

戦死でしたが、大半が、船から投げ出されて、サメの餌食になり命を落としました。しかし、巡洋艦インディアナポリスの艦長は生き残ったため、戦後、裁判になり、責任を問われました。日本の潜水艦「伊号(いごう)五八」は無傷で生還し、終戦を広島県の呉(くれ)で迎えました。

*潜水艦 伊五八は、戦後1年目の昭和21年(1946)4月1日に米軍の手により、長崎県・五島沖に沈められました。
img_1

**日本の魚雷は酸素魚雷(さんそぎょらい)といい、発射しても、進行時、泡が出ないため、敵に発見されにくいものでした。その酸素魚雷の発射試験場が、長崎県・川棚町にありました。

***伊58の橋本艦長は、戦後、回顧録を出版されました。当時のことは、この本に詳しく書かれています。
9653

なお、日本の潜水艦イ58と、米巡洋艦インディアナポリスの話をもとに映画が二つ制作されているので紹介しておきます。

映画「ローレライ」

映画「真夏のオリオン」

真夏のオリオン原作本:雷撃深度一九・五

それより5ヶ月前の昭和20年(1945年)3月19日6時57分。

神戸港攻撃の第二次攻撃隊の出撃準備を開始した米空母「フランクリン」に対し、直後­の7時8分頃、突如「銀河」もしくは「彗星」と思われる日本海軍機一機が雲を抜け低空­で接近し、二発の徹甲(てっこう)弾を投下し命中させました。

銀河(爆撃機)
ダウンロード

彗星(爆撃機)
images

日本海軍機は、撃墜され、パイロットは散華されたものの、米空母フランクリンでは724名が戦死となり、神戸港攻撃を食い止めました。特攻ではなく通常攻撃でした。しかも一機の攻撃で、米空母の動きを止めたのですが、このときの日本軍パイロットが誰なのか、現在もわかっていません。

米空母フランクリン攻撃時の本物の動画

中国が空母を進水させ、日本に脅威を与えていますが、歴史上、空母対空母で戦争した経験があるのは日本と米国だけです。人類の歴史上初めてになる空母対空母の戦いは、1942年5月8日の珊瑚(さんご)海 海戦[Battle of the Coral Sea]でした。

損害は以下。

日本軍
沈没:空母「祥鳳」、駆逐艦 菊月
大破:空母「翔鶴」
喪失:艦載機81機、一式陸上攻撃機、水上偵察機(数機)、九七式飛行艇(数機)

米・オーストラリア連合軍
沈没:空母「レキシントン」、油槽船「ネオショー」、駆逐艦「シムス」
中破:空母「ヨークタウン」
喪失:艦載機66機

歴史上、日本がアメリカ軍の空母10隻を撃沈しています。

日本以外では唯一、ドイツ軍が1944年5月29日、東大西洋上で、アメリカ護衛空母「ブロック・アイランド」CVE-21 Block Island を撃沈しています。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告