選挙権が18才からになりました。高校3年の誕生日から有権者。

画像1

改正公職選挙法が成立し、選挙できる年齢が20才から18才に引き下げられました。高校3年生の誕生日から、有権者になります。

有権者とは、権利を有している人だということになりますが、権利には義務と責任が伴います。学校の先生は、そこまで教えているのでしょうか?

というより、長崎県の場合、学校の校長先生(佐世保北高校長)および長崎県教育長が、教育者としての責任を放棄して、保身がすべてという場面をTVで披露しましたから、教えられないのではないでしょうか。

現実は、教育トップの教育長、学校トップの校長(佐世保北高の場合)が、児童・生徒の悪い見本になっているように見えます。書道でも、習い事では、見本が悪いと作品が悪くなります。長崎県もそうしたいんでしょうか?

【長崎殺人三校】佐世保北高バラバラ殺人事件でわかったこと
まずはじめに、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。 児童・生徒から殺人鬼を出し続けているのに、何も手を打たず、誰も責任をとらな...

生徒は、選挙権付与に伴う権利・義務・責任、しっかり学習し、長崎県教育長や佐世保北高校長のような成人にならないようにしましょう。

長崎県は全国平均より下なのです
残念ながら、長崎県は全国平均より下なのです。 長崎県のレベルの低さを知っておきましょう。 全国47都道府県中の順位、実は九州で最...
【長崎殺人三校】殺人犯を出した長崎東高・佐世保北高・諫早高校
まずはじめに、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。 週刊誌より:佐世保北高バラバラ殺人事件(徳勝事件) 昨年8月、佐世保北高...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告