【在校生向け】竹松育ちの大村の先輩、海軍大将と共にロンドン軍縮会議に出席

スクリーンショット 2016-04-22 20.09.34

画像:国立公文書館

昭和5年(1930年)、山本五十六(やまもといそろく)海軍大将と共にロンドン軍縮会議に出席したのが、大村の橋口義男(はしぐちよしお)先輩でした。

経歴:竹松小学校→旧制県立大村中学校(5年制、現・大村高校)→旧制国立第五高等学校(3年制、現・熊本大学教養部)→東京大学工学部船舶工学科→技術者として帝国海軍(水陸両用の二式大艇[にしきたいてい]、最後の戦闘機・紫電改[しでんかい]の開発責任者)に入り、帝国海軍で技術者のNo.2である技術少将として終戦。

9000

繰り返しになりますが、何度でも。勉強するとき、英語、歴史、古文、化学の元素記号、生物は何度でも繰り返す必要がありますから。

大村高校マラソン大会第一回~第三回まで優勝し、北九州マラソン大会でも優勝した橋口先輩のことを少し詳しく書きます。

大村高校マラソン大会がどういう経緯ではじまったのか?こちらに書きました。

【在校生向け】今年度、大村高校マラソン大会は百周年を迎えます
皆様、忘れていらっしゃるのではないかと思いますが、平成27年度/2015年度(平成27年4月1日〜平成28 年3月31日)で、大村高校マラ...

旧制中学は5年生でした。橋口先輩は、5年間無遅刻無欠席。しかも、自宅があった竹松から、駆け足で通学。放課後は靴を脱ぎ、ハダシで走って帰宅していたエピソードがあります。

*当時、靴が高価で、靴が早く消耗しないようにとの意味で、靴は大切に扱われました。また、当時は運動靴、スニーカーというものがこの世になく、走る場合は運動用の足袋[たび]を用いた時代でした。

大村市竹松

決して裕福な家庭ではなく、母子家庭でした。十二才の時に、父親を失い、当時32才の母親から家庭できびしい教育を受けました。当時は母子家庭に対する手当など何もない時代です。学費も無料ではなかった時代です。

*日本人の平均寿命は、明治・大正時代は40才代。50才を超えたのは昭和22(1947)年です。したがって、当時、女性は18才くらいで結婚していました。二十歳までに二人ぐらいの子供がありました。わたくしの両方[父方、母方]の祖母も17で結婚して20歳までに2~3人の子供をもうけました。100年前で、医療技術が発達しておらず、人生が短かったし、たくさん子供を産まないと、何人が育つかわからないような状況でした。

そのお母様から「これからは英語ができないとダメだ」と言われ(100年前の大正時代です)、旧制大村中学入学後は、英語は、卒業まで満点を取り続けました。

大村の旧制中学時代に英語を猛烈に勉強したことは、のちに橋口先輩が、世界史・日本史の教科書に登場する1930年代のロンドン軍縮会議に出席した時に役立ちます。

山川出版 詳説世界史 ロンドン会議

山川出版 詳説世界史
ロンドン会議

大村で生まれ育ったマラソン好きの少年が、後に、世界の檜舞台(ひのきぶたい)に出席することなど、在校時は、まったく予想もつかないことでした。在校生は、今勉強していることは、今は役立たないかもしれないが、あとで、予想もつかないことに役立つことがあることを知っておきましょう。

旧制大村中学で、当時の英語は、錦戸(にしきど)先生。錦戸先生は、米国大統領セオドア・ルーズベルトの娘アリス・ルーズベルトが大村訪問時、会話した英語の先生でした。

錦戸先生とアリス・ルーズベルト

【在校生向け】大村高校とアメリカ合衆国をつなぐもの
明治39年(1906年)、アメリカ合衆国セオドア・ルーズベルト大統領(第25代・第26代大統領、任期1901 - 1909)のご令嬢アリス・...

無遅刻無欠席、しかも竹松から毎日往復12キロを走り、英語が満点だった橋口先輩は、旧制第五高校・理科系に合格。当時、九州に高等学校は4校しかありませんでした。それから、東京大学工学部に進学。

大学卒業時、技術者として海軍を受験。そのときの試験官が、後(のち)に海軍大将にとなる山本五十六氏でした。

【在校生向け】大村高校と戦闘機・紫電改(しでんかい)
大村高校マラソン大会は、今年度100周年を迎えます。そのマラソン大会第一回から第三回までの優勝者が、帝国海軍戦闘機・紫電改(しでんかい)を開...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告