ゼロ戦エースパイロット坂井三郎氏と大村

エースパイロット坂井三郎氏の動画をいくつか貼っておきます。

帝国海軍のエース・坂井三郎と、ライバルだった米海軍のエース・サザーランド

3分55秒より、坂井三郎とサザーランドの戦い(再現動画)。坂井三郎の勝ちでした。

帝国海軍のエースパイロット:先人の皆様の勇気は尊敬に値します。

ゼロ戦のエースパイロット坂井三郎氏が、大村の海軍航空隊に配属されていた当時の記録があり、坂井三郎(さかい さぶろう)氏の著書「大空のサムライ」に書かれています。大村の片町や本町の表通りはもとより、裏道まで、すべて熟知されていたそうです。

36

戦後35年目に、大村に里帰りした本物のゼロ戦(52型)。  昭和55年/1980 大村海軍航空隊跡地で

戦後35年目に、大村に里帰りした本物のゼロ戦(52型)。
昭和55年/1980 大村海軍航空隊跡地で

戦後35年目に、大村上空で飛行する里帰りした本物のゼロ戦52型  昭和55年/1980

戦後35年目に、大村上空で飛行する里帰りした本物のゼロ戦52型  昭和55年/1980

戦後30年 ゼロ戦エースパイロット 坂井三郎氏がゼロ戦を語る 昭和50年/1975

坂井三郎氏は、大村海軍航空隊に所属していた時期があり、大村・本町では名前が知られていました。本町(ほんまち)商店街の、当時5才の「まさこちゃん」という子供がなついていたそうです。ご存命なら75才〜80才くらいでしょう。また、出撃のときは、大村神社に参拝され、当時の大村での写真がたくさん残っています。

坂井三郎写真集 大空のサムライ
大空のさむらい

左側の写真は、現在の市役所前、ジャスコの場所。以前は海で、海水浴ができ、潮干狩りができた。

大空のサムライより

大空のサムライより

さらに、同時期、大村で戦艦大和の最後の通信を受信した、海軍士官・森嶋通夫(もりしまみちお、後の大阪大学教授、ロンドン大学教授、英国アカデミー会員)氏の大村の記録が、著書「血にコクリコの花咲けば」に書かれています。

日本とアメリカは海と空の戦いでしたが、ドイツとソ連は陸の戦いでした。

このころ、ヨーロッパ東部戦線 ドイツ、ソ連の戦車戦

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告