夫婦同姓が合憲という最高裁判決:日本の家族制度は守られました

っっっp

*上記は、夫婦別姓導入の請願を提出していた衆議院議員です。日本の安定した良い制度を破壊するのが民主党・社民党・共産党だというのがわかります。

S

さて、最高裁で、夫婦別姓を認めない判決が出ました。つまり、中国と韓国が日本の家族制度の破壊に失敗したということです。夫婦同姓合憲判断で影響を受ける日本人などいないでしょう。

実は、在日韓国人や中国人が、日本人と結婚するとき、その結婚は本気の結婚ではなく、日本国籍を狙った結婚なので、日本人の姓がイヤだと、もめることが多いようです。日本人の国籍とは、中国人や韓国人が考えているようなものとは違い、そう軽いものではありません。

朝鮮半島、そして中国大陸で夫婦別姓なのは、女性の社会進出のためではありません。だまされないように。

朝鮮カルタより

朝鮮カルタより

朝鮮半島の場合は、父系社会です。朝鮮カルタでわかるように、女は道具扱いです。それゆえ、女性は夫である男性の姓を名乗ることが禁止されていました。子供と母親の姓は別で、お墓も別です。そういう扱いでした。その制度を、日本に入れようとしたのでしょう。

朝鮮カルタより

朝鮮カルタより

常識を超えた国・韓国の朝鮮カルタ - アマゾンで総合1位(すべての本の分野で1位)
発売が9月19日からなのに、アマゾンで1位になっている「朝鮮カルタ」。朝鮮人の文化が、カルタでわかるようになっています。わかりやすく書かれて...

調べてみると、夫婦別姓の陳情をしたのは在日朝鮮人の団体なのです。在日朝鮮人の団体に、サヨク(民主・社民・共産)や一部の政治家が同調したものでした。彼らの目的は、日本の家族制度の破壊、家族の破壊をしたいからなのでしょう。

その理由は、日本の良いところを破壊し、いつでも日本に移住し、日本を日本人には住みにくい場所にしようとしている朝鮮民族や中国人がいるのです。危機感を持つ必要があります。

現在、夫婦どちらの姓にするかは選択できるのですから、夫婦別姓を導入する必要などまったくないのです。

妻だけ別姓の場合、子供が困るのではないでしょうか。それに、妻だけ別姓の場合、家族の一員ではないような感じです。

40

裁判をおこしたおばあさんは元教師で活動家。正体はだんだん明らかになっています(裁判をおこすと、すべて公開され、あばかれます。報道はされませんが、閲覧ができます。裁判公開の原則より)。たぶん親が密入国した朝鮮人なのかな?だから朝鮮のルールを日本が受け入れないことに怒って裁判をおこしたのかな?いずれ明らかになるでしょう。

もし、自分の姓で通したいなら、お婿(むこ)さんに来てくれる人を探せばいいだけでしょう。 本人のわがままのために、自己満足のために、法律を変えてまで日本国全体を巻き込むことはないでしょう。だから、ほんとうは日本を乗っ取るために戸籍制度まで廃止したい朝鮮人のたくらみの一つに見えます。

2CHまとめサイトより

10 :名無しさん@1周年:2015/12/17(木) 01:25:13.72 ID:odc3WCLW0.net

「夫婦別姓」は普通の日本人には利益が無い

本当の狙いは、
在日朝鮮人の戸籍の追跡の妨害」です
そして日本の伝統的文化の家制度の破壊

日本人成りすましの
「朝鮮人の由来を消し去る」のが最大の目的

そして夫婦別姓から戸籍制度の廃止を進め
在日朝鮮人の戸籍の追跡を不可能にするのが目的
在日の朝鮮籍からの帰化事実を消し去ること

だから夫婦別姓の推進派は、
民主党・社民党・日教組なのです

(民主党・社民党・日教組は朝鮮人が支配する組織)

また、裁判をするのには莫大なコストがかかっています。裁判の運営費用は日本国の税金がコストとして国民にのしかかっています(裁判所の維持費、裁判にかかわる公務員の費用等)。先祖代々の日本国民ではない朝鮮人や中国人などの外国人に、今後は、変な憲法訴訟させないようにしてほしいですよね。税金の無駄使いです。日本国民のための憲法です。朝鮮人や中国人のための憲法ではありません。

20

50

日本の家族制度は、夫婦同姓が基本です。中国、韓国は夫婦は別姓。だから、母親と子供が別の名字になります。

つまり、父親が陳で、母親が習ならば、子供は陳。母親は、姓が違うので家族とは別枠になります。

日本では日本の制度のほうが良いのですが、日本の制度がイヤでたまらないのが韓国人や中国人です。だから、日本の優れた、社会が安定する制度を破壊しようとしたのでしょう。

5

産経新聞より
その1

01

最高裁大法廷が16日、夫婦別姓を認めない民法の規定を合憲と判断した。理由の一つとして挙げたのは、「夫婦同姓は合理的で日本社会に定着している」という点だ。世論調査でも夫婦別姓導入の賛否は分かれ、仮に導入されても、別姓にしたいとする層は限られている。夫婦別姓導入で混乱が予想された教育現場からは「ほっとした」との声も上がった。

 いくつもの結婚式場が立ち並び、結婚を控えたカップルが行き交う東京・表参道。「どちらの姓になっても困ることはない。むしろ、好きな人と同じ姓になれることがうれしい」。式場の下見に来たという千葉市中央区の会社員、安丸瑛太さん(36)と公務員の清田恵さん(35)は、夫婦別姓について問われると、こう話して笑顔を見せた。

 来春に挙式を予定しているという東京都立川市の会社経営、石川恵美さん(35)は既に入籍を済ませ、「当然のように夫の石川姓を名乗るようになった」と説明する。社内では旧姓の近田で呼ばれることの方が多く、「日常生活に不便は感じていない」という。「(民法は)男女どちらかの姓を選べ、としているのだから、女性蔑視だとは思わないし、法律上の不備もないと思う」

その2

01

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が12、13両日に実施した合同世論調査によると、夫婦別姓に賛成は51.4%で反対は42.3%。しかし、実際に別姓を選べるようになった場合、別姓を希望するかとの問いに、「希望する」と答えたのは13.9%だった。年齢別でも、これから結婚する層が多い20代でさえ21.1%にとどまった。

 夫婦別姓によるトラブルが懸念されていた教育現場からは、安堵(あんど)の声も聞こえた。出欠を確認する際に園児の名字を呼んでいるという東京都杉並区の幼稚園の副園長は「園児の気持ちを考えれば名字を呼び間違え、傷付けることはしたくない。どちらでも対応するつもりだったが、今回の判断でよかった」と話した。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告