マクロス、エウレカ、そしてアルドノア・ゼロのような小型ミサイル大量発射、まもなく実用化か?

写真:アメリカ海軍公表

いままでのミサイルは1発1000万円以上の価格なので、現実は、そう簡単に大量発射などできないと思われていました。が、デジタル技術の進化により、小型化されたミサイル1発が50万円台で製造可能になり、超時空要塞マクロスあるいはエウレカセブンの戦闘シーンのような、ミサイル大量発射が可能になりそうです。

米海軍 NAWC-WD (米海軍Air Warfare Centerの兵器部) の実証試験より

最軽量のミサイル:重量6.6キログラム
目標:対空(空)、対地(陸)、対舟艇(海)対応のミサイル
価格が安い理由:センサーにスマホのカメラを使用しているため

アルドノア・ゼロにおける大量ミサイル発射
3分38秒

マクロスの戦闘時における大量ミサイル発射
1分42秒

1分21秒

2分44秒

エウレカセブンにおける大量ミサイル発射
2分40秒

大音量のヘビメタを鳴らし、敵を追い出す作戦を実行したアメリカ軍と日本の歌姫リン・ミンメイ

アメリカが開発中の最終兵器「神の杖(つえ)」とエウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン、劇場三部作として映画化スタート

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告