【動画あり】運命の前夜 – 機動戦士ガンダム the origin Ⅳ を観てきました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-22-43-13

「運命の前夜」 – 機動戦士ガンダム the origin Ⅳを観てきました。

客層と感触

祭日前(11月22日)の夜だったせいか、サラリーマン(私もそうですが)、30代~40代のカップル、夫婦。20代~30代くらいの女子一人、上司と二人連れのサラリーマンなど。高校生風はまったくみかけませんでした。席は5割くらい埋まってました。私は夫婦で観てきました。

予告編:オリジナル日本語版1

予告編:オリジナル日本語版2

予告編:英語版

気がついたこといくつか

電波兵器を無力化するミノフスキー粒子を開発したミノフスキー博士の一番弟子が、アムロ・レイの父親であるティム・レイであったこと。

ブラジル・マナウス近郊で土木工事をしている建設会社が工事現場において、日本語で「安全第一」を掲げていた。建設会社は日本の会社だと思われる。

宇宙世紀(西暦2045年が宇宙世紀元年)においても、あこがれの国がアメリカか日本であること。ララァ・スンの口から出た国名でわかった。

最初は、黒い三連星は、シャアの実力を信用していなかった。信用されるのはルウム戦役以降。

ランバ・ラルが黒い三連星を指揮していたこと。

フラウ・ボウは、高校の風紀委員のようなことをやっていた。

カイ・シデンは高校で留年していたこと。

エンドロールに陸上自衛隊の名前が出ます。

感じたこと

今の現実世界の状況は、戦前(第三次世界大戦)であるかもしれない。中国が南シナ海、尖閣諸島に侵略をやめないかぎり、戦争の可能性が消えないので。

戦争したがっているのは中国なんですよ

中国人民解放軍に対してどう備えるべきか

今後のガンダム映画

来年(2017)春に、ガンダムサンダーボルトの続き。

来年(2017)秋に、ルウム戦役。

再来年(2018)にさらに続き。

参考です

【動画あり】運命の前夜 – 機動戦士ガンダム the origin Ⅳ は11月19日から公開

ガンダムサンダーボルトに行ってきました

【在校生向け】理科系の人とガンダム史

ミリタリー女子による、陸上自衛隊 総合火力演習(略称:そうかえん)紹介

ガンダムやパトレイバーは、今の中・高校生、そして学校の先生になぜ理解されにくいのか?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告