【在校生向け】長崎県の教育にだまされないように

スクリーンショット 2016-08-13 1.11.44

▲上記:空爆前に米軍はビラをまいたそうです。東京都五日市のある家で(八王子空爆)、現在もそのビラが保存されていて、現物を見たことがあります。同一内容のものを、国立公文書館が公開しています。

昭和19年/1944年、アメリカ軍は、大村に爆撃にやってきました。爆撃機は、中国・国民党の補給を受け、中国・四川省から大村にやってきました。

米軍の空爆で、旧制大村中学の生徒5名が殺されました。民間人を大量に虐殺するのがアメリカの特徴です。東京大空襲は一晩で十万人が殺されました。ほかにも、広島・長崎の原爆、日本各地への空爆。

民間人を大量に殺したアメリカは、罪をそらすために中国と共にウソをでっちあげ(南京虐殺)、日本に対して、自虐史観のWGIPという教育を持ち込み、現在も長崎県では平和教育という名の洗脳教育が実施されています。首都圏では平和教育という変な教育は実施されていませんから、長崎県にだまされないようにしましょう。

関連:

間違っている?長崎県の平和教育、そして幽霊(ゆうれい)艦長

*なくなった5名の大村の先輩 関連

きょうの号外:産経、読売、英文読売。そして原爆投下時の旧制大村中学先輩の方々

他校とは違う大村高校 1 

大村のことについて書かれた本

【在校生向け】大村高校とスカイクロラ

*WGIP関連

【在校生向け】長崎県の変な平和教育はどこからきたのですか?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告