【動画あり】ベストセラー「中国4.0」:「自滅する中国」に続く話題作

57

わがままな国・中国に対して今後どうように対処してゆけばよいか書かれた本です。

19

日本の場合、ちかい時期、尖閣諸島に中国が上陸した有事を想定しなければいけないようです。本を読むと、国内で、尖閣有事と呼応して日本国内にいる中国人と朝鮮人の暴動およびテロ発生のリスクが避けられない可能性を感じます。

問題を大きくしたのは日本の民主党政権。

民主党政権当時、尖閣衝突事件が発生し、民主党は事実を隠し公表せず、対応を誤りました。そのため、現在も、我が国は、尖閣諸島では、爆弾をかかえる問題となっています。

*尖閣衝突事件(平成22年/2010年)の現場動画


*国会より:当時の民主党(現在の民進党)のずさんな対応

日本にとって、中国は計り知れないリスクですし、いつ暴発するかわからない爆弾のようなものだと思います。

今後、我が国はどうすれば良いのか、考えている人は読む価値があると思います。

日本語訳は、「自滅する中国」も訳した、地政学者・奥山真司氏です。
奥山先生のブログ:「中国4.0」の制作秘話

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告