気がついていますか?9月16日は日本の歴史上の大転換点になりそうです

安倍総理

日本は大東亜戦争(第二次大戦)で、米国に負けました。負けたあと、アメリカ占領軍本部(GHQ)により、占領政策が実施されました。占領政策は7年間でした。

この間(7年間)に、日本は、民族弱体化のプログラムが、政策によって方向付けられ、その後70年間、続いてきました。朝鮮人問題、共産党(ドイツでは現在も共産党は禁止されていて逮捕・処罰されます)、憲法9条、ウソの歴史教育と自虐史観などです。

占領政策7年間に方向付けされ、おこなわれたことを、本来の日本がとるべき軌道に戻すには、6年〜7年、強力な指導力を持つ首相が必要だと言われていました。

第二次安倍内閣は、この要件を満たしそうです。現在、3年目。そして、あと3年続くことが、ほぼ決まりました。

そして、日本の歴史上の大転換点になりそうなのは、安保法案が可決成立しそうだからです。衆議院はすでに可決、あとは参議院です。その可決が9月16日だからです。

まず、安保法案がどんなものなのか知らない人のために。

学校の先生が理解していない【安保法案閣議決定】
面白いことに、時代が変わったのに民主党、共産党、社民党、そしてマスコミなど、サヨク勢力のほうが時代の変化に乗り遅れ、頭がかたく、ガンコで、憲...

次に、重要ポイントをまとめてみました。
1.第一回目の歴史の転換点というべき日は、平成25(2013)年12月14日でした。

【在校生向け】日本の歴史の転換点
(写真は、東急田園都市線・たまプラーザ駅で、安倍総理の演説) 平成25年(西暦2013年)12月14日が、日本の歴史の転換点だったんじ...

2.第二回目の歴史の転換点は、平成27(2015)年4月29日でした。

4月29日は、再び日本の歴史ターニングポイント(転換点)?
知られたら困るから、マスコミは知らせない報道をするのではないでしょうか? 前の戦争終結から70年目、あさっての4月29日。安倍総理大臣...
安倍総理、米議会で演説。そして今後の長崎県
「慰安婦」も、「植民地支配」も、「侵略」も、「お詫び」も無かったですよ。潮目(しおめ)が変わったのです。時代を読み取りましょう。 内閣...

3.第三回目の歴史の転換点は、平成27(2015)年8月14日でした。

【さよなら、戦後】未来がある10代20代は安倍談話です
「戦後70年」とメディアが発表しています。が、よくわからない人や、理科系で歴史の時間軸が頭にない人のために、復習しておきます。 ...

そして、もっとも大きな転換点は、この9月16日になりそうです。

【在校生向け】未来がある10代の方へ
真相はこうなんです。 現在も、学校には戦後教育から脱却できてない先生方がいらっしゃいます。 おそらく、亡くなるまで、そういう先生...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告