海上自衛隊の新型ヘリ空母は「かが」(加賀)と命名されました

*上記写真は一番艦の「いずも」(出雲)183

**下記動画が二番艦の「かが」(加賀)184:神奈川新聞撮影 / 「かが」184と「いずも」183は同型です。

27日、進水式において、24DDHいずも型二番艦は、大東亜戦争時の帝国海軍空母「加賀」と同じく「かが」と命名されました。

日本共産党、中国共産党、そして朝鮮民族の方々が発狂しそうな名称なので、日本の国益にかなっていると思われます。

ヘリ空母「かが」の就役は平成29/2017年3月と発表。活躍が期待されます。

帝国海軍 空母 加賀

かが進水式

その他の動画はこちらです。

【動画】海上自衛隊の新型ヘリ空母・かが(加賀)進水式
進水式は、8月27日根岸線・新杉田(横浜市)でおこなわれました(神奈川新聞より)。 【動画で見る帝国海軍】空母赤城・加賀 1...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告