【朝鮮民族には気をつけよう】公園で包丁を振り回す在日韓国人(銃刀法違反)

スクリーンショット 2016-06-04 20.36.48

朝鮮民族には、特有の「火病」(ひびょう)というものがあります。自制心がなく、すぐにカッとなり、問題を起こす性質です。

*火病に関して
朝鮮民族特有の性質だという報告
朝鮮民族は劣等感が強く、事実を言われるとすぐにカッとなり問題をおこす性格:朝鮮民族の半数は精神病である火病

*場所柄をわきまえず、すぐにカッとなり問題をおこす火病の朝鮮民族(おさえられなくなるのが朝鮮民族の特徴)
50秒より 火病朝鮮人の典型例

全体的に多数の火病の朝鮮人:たいしたことないことで、突然、火病を発症。まわりに怒りをぶつけ、問題をおこす朝鮮民族の性格

さて、大阪市生野区で在日韓国人が包丁をもって、公共の公園で暴(あば)れました。危険ですよね。

*大阪市生野区田島の田島公園
スクリーンショット 2016-06-04 20.36.28

産経新聞より

4日午前9時45分ごろ、大阪市生野区田島の田島公園で「包丁を持って暴れている男がいる」と通行人の男性から110番があった。

駆けつけた大阪府警生野署員が文化包丁を振り回している男を発見。向かってきた男に、男性巡査部長(29)が拳銃を向けて「刃物を捨てなさい」と警告すると、その場に包丁を置いたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、男は韓国籍で近くの会社員、金真扶容疑者(21)。「家族とケンカをしてむしゃくしゃしていた」と容疑を認めているという。当時公園は無人で、けが人はいなかった。

スクリーンショット 2016-06-04 20.51.23

普通は、家族とケンカしても包丁を持ったりしません。危険ですよね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告