【動画に大村市が登場】最後の戦闘機:紫電改(しでんかい)、そして震電(しんでん)

第二次大戦末期、帝国海軍の最後の戦闘機が紫電改(しでんかい)でした。開発責任者が、大村高校の前身・旧制大村中学の橋口先輩でした。

経歴は、竹松小→旧制大村中学(5年制)→国立第五高等学校(現、熊本大学教養課程、3年制)→東京大学工学部船舶工学科、です。

橋口先輩に関して:

【在校生向け】今年度、大村高校マラソン大会は百周年を迎えます
皆様、忘れていらっしゃるのではないかと思いますが、平成27年度/2015年度(平成27年4月1日〜平成28 年3月31日)で、大村高校マラ...
【在校生向け】大村高校と戦闘機・紫電改(しでんかい)
大村高校マラソン大会は、今年度100周年を迎えます。そのマラソン大会第一回から第三回までの優勝者が、帝国海軍戦闘機・紫電改(しでんかい)を開...

動画:紫電改(しでんかい) その1
14分54秒より大村市が登場

その2

戦争に間に合いませんでしたが、当時、旧制大村中学の生徒に知られていた戦闘機は震電(しんでん)。後ろにプロペラがあるもので、福岡市で開発されていました。

九州飛行機の新型 震電(しんでん)

九州飛行機の新型
震電(しんでん)

アニメで描かれた震電(しんでん)

大村高校の前身・旧制大村中学と震電(しんでん)に関してはこちらに書きました。

【在校生向け】大村高校とスカイクロラ
本はこちら。 本を読む時間が取れないかたは、動画の予告編。 このアニメに登場する戦闘機のモデルは震電(しんで...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告