【在校生向け】2000年前のトラヤヌス帝(ローマ帝国)時代の金貨が偶然発見された

1

ローマの五賢帝(ネルバ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニウスピウス、マルクス・アウレリウス・アントニウス)の二番目、トラヤヌス帝が鋳造させた金貨が偶然ハイキング中に発見されたようです。2000年前のもので、ほかに1枚のみ見つかっており、それはロンドンの大英博物館に収蔵。

金が長い年月に耐え(2000年間)、腐食しないことも証明されたように思います。

CNNより引用

エルサレム(CNN) イスラエル北部のガリラヤ地方でハイキングしていた女性が、草原に落ちていた2000年前の金貨を発見した。表面にはローマ皇帝の肖像画が刻まれており、ほかに1枚しか見つかっていない極めて希少な金貨だったことが分かった。

3

発見者は同国北部に住むローリー・ライモンさん。聖書の中でイエス・キリストが水の上を歩く奇跡を起こしたと記されている場所の近くをハイキング中に、光る物体を見付けて手に取った。

イスラエル考古学局の専門家が調べたところ、世界的にも珍しい金貨だったことが分かり、ライモンさんは同局に金貨を寄贈した。「手放すのは惜しかったけれど、近い将来、博物館に展示してもらえればと思う」と話す。

金貨に刻まれていたのは初代ローマ皇帝アウグストゥス(紀元前27~紀元14年)の肖像画だった。後のトラヤヌス帝が紀元107年に歴代の皇帝の肖像画を刻んだ在位記念金貨を発行した時のもので、死後にアウグストゥス帝が神格化されたことを示す「神アウグストゥス」の文字が入っていた。

ローマ帝国というと、遠い昔ですが、現在、ローマ帝国時代に書かれた本を、日本語で読むことができます。ガリア戦記(カエサル)、弁論について(キケロ)、そして五賢帝最後のマルクス・アウレリウスが書いた自省録などです。

52

ほかにローマ帝国時代に考え出された暗記方法も健在です。

紙がなかった古代ローマ時代の大量暗記方法
「ローマ時代は紙がなかった」というと、「羊皮紙やパピルスがあったではないか」と反論するかもしれません。当時は、価格が高すぎて、現在のノートや...

ローマを歴史上初めて訪問した日本人は、大村から出発した天正の少年使節団です。

ローマ帝国の遺産を初めて見た日本人は誰ですか?そして2月11日で日本は建国何年ですか?
建国と神話 日本は神武(じんむ)天皇の即位が建国した日であると定められています。 *神武(じんむ)天皇を導く八咫烏(やたがらす)...

日本の法律は明治の初めにヨーロッパから導入されました。その原点はローマ法で、大村の先輩もかかわっています。

【在校生向け】法学部を目指すなら、ベルばらとテルマエ・ロマエ。そして大村高校とローマ帝国
ベルサイユのばら、テルマエ・ロマエ 高校の世界史ではさらっとしかやらないけれど、ローマ帝国と、フランス革命のこと、さらっと流さないで、マン...

天正の少年使節団が訪問した建物は、当時からそのまま残っています。

大村市と、イタリア・ローマ市でおこなわれている原爆式典のつながり
ローマで式典 イタリアの首都ローマで、8月6日、8月9日の広島・長崎の式典がおこなわれています。場所はローマのパンテオンです。観光地な...

すべての道がローマに続いている意味。

すべての道はローマに通じ、ローマは永遠であり永遠なのです
すべての道はローマに通ず 上記図:現在もローマ(イタリア)に通じるヨーロッパの道路。出典はこちらです。 さて、ローマではローマ数...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告