朝鮮人医師を暴(あば)くマイナンバー

朝鮮人が通名(つうめい)という偽名で、医師をやっている場合があるそうです。

マイナンバーで、こんごは暴(あば)くことが可能になり、医師がどういう人物なのか調べることができます。

事実から、朝鮮人の医師は危険です。なぜなら関西の朝鮮人医師が「日本人の患者を血祭りにしませんか?」と呼びかけ「自分は医師だから生意気な日本人はすぐ殺せる」と発言していますから。

*朝鮮カルタより
xt

平成29(2017)年度より、医師の本名やその他の情報をマイナンバーで調べることが可能になるようです。少しは安心できると思います。検索をいやがる医師なら、おそらく日本人ではないと思われます。変な医師にだまされないようにしましょう。

なぜ、サヨクや朝鮮人が、いろいろな理由をつけてマイナンバーをいやがっているのか?それは事実を知られることが困るからなんでしょう。しかし、日本国民は知る必要があります。

不正をやっている朝鮮人、マイナンバーでどんどん逮捕されています。
*在日(ざいにち)=在日韓国・朝鮮人(朝鮮民族)

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告