大村湾・臼島(うすしま)活用のヒントは、東京湾・猿島(さるしま)にあるかも?

大村の臼島(うすしま)
旧制大村中学では、臼島往復の遠泳大会が開催されていた。
大村の臼島(うすしま) 旧制大村中学では、臼島往復の遠泳大会が開催されていた。

*古代から、大村湾に浮かぶ臼島(うすしま)。旧制大村中学時代は、遠泳の目標となっていて、旧制大村中学の生徒はふんどしで泳いでいました。現在、東京では学習院の生徒が授業として、ふんどしにより水泳をしています。

縄文時代から続く大村の風景
上記は、新大村駅完成予想図(大村市役所より) 現在、長崎新幹線・新大村駅建設工事中ですが、工事現場では、古代の遺跡の発掘調査も実施され...

さて、大村市の前市長の時代、臼島(うすしま)活用のアイディアが出ないという発言を耳にしました。臼島、どうなったのでしょうか?

何もアイディアが出てこないのなら、何かヒントを探してみてはいかがでしょうか?そこで、東京湾の猿島のことを参考にあげます。

猿島 

無人島の猿島(東京湾)は1日7万で借りることができます。宿泊不可、音楽機材の持ち込み不可、火事になる恐れのあるガスコンロ持ち込み不可など、条件はいろいろありますが、島を1日7万円で借りることができるサービスです。大村湾・臼島のヒントとして挙げてみました。

詳細は以下

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告