台湾人の意識変化と長崎県

2x

2007(平成19)年を境に、台湾では中国人であり台湾人でもある「両方」という意識が減少し、台湾人というアイデンティティが確立しつつあります。

ソース:

もともと2割の大陸出身者(国民党)により、8割の台湾人が支配されていた構造でしたから。それを、中華式の教育で洗脳していたのですが、もうバレテいますから。

変化の第一歩は、日本時代に教育を受け、旧制台北高校から京都大学に進み、台湾初代大統領(大統領を中国語で総統)になった李登輝(りとうき)氏です。それまで、選挙で改選がない国民党が独占していた終身議員の台湾議会を、普通選挙の台湾に改革し、台湾は大きく変化しました。

台湾は、長崎県と無縁ではありません。台湾を支那(シナ)、当時の明(みん)国から独立に導いたのは、父親が明国出身で、母親が平戸出身の鄭成功(ていせいこう)です。

28
画像出典

平戸の鄭成功(ていせいこう)記念館

鄭成功はどんな人物だったのか?

さて、台湾は中国の一部ではないし、今後も中国にはならないと思います。台湾は台湾です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告