12月19日〜1月16日まで、台湾に行けない中国人観光客が日本に爆買いにやってくる?

8

台湾で2016年1月16日に総統(大統領)選挙が実施されます。選挙活動は2015年12月19日からです。

日本に何が関係するのでしょうか?

共産党の独裁国家である中華人民共和国では、普通選挙は実施されたことがありません。そのため、中国人が、台湾に入国し台湾の選挙に興味を覚えると困るので、中国当局は自国民に、選挙期間中は台湾への旅行を許可しないと言われています。

したがって、台湾向けの爆買いツアー客は日本を目指してやってくる可能性が高まります。つまり、12月は、中国人爆買いツアーで、日本のお店は売り上げが増大するでしょう。

しかし、中国人には注意しましょう。さまざまなトラブルをおこすからです。

また、爆買いもまもなく終了する可能性が高まりました。中国人の購買力に期待するのはそろそろ終わりにしたほうが良いかもしれません。その理由は、中国が資金流出に規制をかけるからです。

産経ビジネス:海外のショッピング制限、爆買いに陰り?

ついに10月1日、中国は銀聯カードを使った両替に対して、年間10万元(約190万円)という規制(移行措置として10月から12月までは5万元)をかけた。なおショッピングは無制限だが、今後、ショッピングも規制する可能性が高いとされる。バブル崩壊と両替規制強化により、今後、中国人の海外での爆買いは徐々に減少すると思われ、日本の観光業やサービス業への影響も懸念される。

逆の見方をすれば、日本人なら、台湾に旅行するなら、中国人がいない、台湾大統領選挙の時期です(12月19日〜1月16日)。中国人がいないから、台湾人だけの本来の台湾が楽しめそうです。

台湾旅行に行ってきました 1
台湾は初めてではありません。 今回の旅のきっかけは、台湾映画KANO。KANOを見たら、台湾に行きたくなりました。今回...
台湾映画KANOを見てきた
台湾映画「Kano - 1931 海の向こうの甲子園」を見てきました。映画をみたら台湾に行きたくなり、ネットで、旅行の予約もしました。 ...

さて、中国人がイギリスで問題をおこしました。写真もツイッターで拡散されています。

実際、中国人は、どこでも用を足します。汚いです。衛生観念が、わたしたち日本国民とはまったく違います。

ツイッターで世界中に広まった事実は、中国人観光客が、イギリスのバーバリー店舗前で子供にウ×コさせたことです。東京・銀座でも、人目のあるところで、中国人が同じような問題をおこしました。衛生的にきたない中国人には注意しましょう。

*バーバリー:英国系ファッションブランド。

一次ソース 英国マット・ケリー氏によるツイッター

中国人は、あらゆるところで迷惑な人たちに見えます。

二次ソース:産経新聞

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告