育鵬社版の新しい教科書を採択した全国自治体リスト

1023

リスト

サヨク教師が、採択に反対する教科書があります。育鵬(いくほう)社の教科書です。その育鵬社の教科書を採択した自治体のリストがありましたので、引用しておきます。

*横浜市は、全国最多校数の地区:市立中学校146校で育鵬社
**大阪市は、市立中学校129校で育鵬社
***東京都の中高一貫校は10校、宮城県は3校

今後、今の中学生から、全国レベルの指導者を出したい自治体が、育鵬社の教科書を採択したように見えます。

リスト 産経新聞より引用

【宮城県】県立中高一貫校(歴史)

【栃木県】大田原市(歴史、公民)

【埼玉県】県立伊奈学園中(歴史、公民)

【東京都】都立中高一貫校(歴史、公民)▽都立特別支援学校(歴史、公民)▽武蔵村山市(歴史、公民)

【神奈川県】横浜市(歴史、公民)▽同市立特別支援学校(歴史、公民)▽藤沢市(歴史、公民)

【大阪府】大阪市(歴史、公民)▽同市立特別支援学校(歴史、公民)▽四條畷市(歴史、公民)▽東大阪市(公民)▽泉佐野市(歴史、公民)▽河内長野市(公民)

【広島県】呉市(歴史、公民)

【愛媛県】松山市(歴史)▽新居浜市(歴史)▽四国中央市(歴史、公民)

【沖縄県】八重山地区=石垣市、与那国町(公民)

*追加 千葉県の中高一貫校も育鵬社の教科書になりました。
【千葉県】県立千葉中(千葉市中央区)、県立東葛飾中(柏市)

千葉県立中高一貫校でも育鵬(いくほう)社版の新しい教科書が採択
いままでの自虐(じぎゃく)史観、つまり、朝日新聞を購読して、中国・韓国のいいなりになるのが最高だと考える方々が大反対しているのが、「つくる会...

教育委員会も教育長も、サヨクに支配されていると言われる長崎県では、採択は22世紀になってからでしょうか。

長崎県で教育を受けて、あとで損した人生を送らないためには、親が個人で教科書を購入し、長崎県の先生が教える歴史を信用しないように自己防衛する必要があるのでは?

勉強ができてもウソの歴史をたたきこまれていては、素養が欠けるために、指導的な立場の人材になれないでしょう。長崎県は、将来も全国的な指導者を育成しない方針の自治体なのでしょう。

長崎県では、朝日新聞を購読し、中国・韓国のいいなりになるのが最高の人生だと、長崎市長を始め、県教育委員会や県教育長は思っていらっしゃるように見えます。

ずっと長崎県だけで生きるなら、それでもいいかもしれません。が、全国から人が集まる東京に出た場合、長崎県の歴史教育では、歴史観が違う人間として育つので、横浜市や大阪市、あるいは東京の中高一貫出身者の方々と価値観を共有できないために、肩を並べて話すことができないし、仲間に加われず部外者となるでしょうね。

大阪市の場合

産経新聞関西版より

大阪市、「歴史の流れ大切にした」育鵬社歴史教科書を選ぶ

 大阪市教育委員会は8月5日、市立中学校129校で平成28年春から4年間使う歴史の教科書に育鵬社(東京)の教科書を採択した。8社の中から選んだが、育鵬社と帝国書院を推す委員の間で意見が分かれ、4対2の多数決で育鵬社の教科書が選ばれた。

 同日開かれた教育委員会議で、教科書の内容を評価する選定委員会の答申を参考に社会科の教科書の審議が行われた。

 育鵬社の歴史教科書は、先の大戦初期の旧日本軍の勝利でアジアの人々が独立への希望を抱くようになったことを紹介する一方、旧日本軍が進攻した中国や東南アジアなどの地域で多くの犠牲者が出たことも記述するなど、多面的な内容が特色だ。育鵬社を推した林園美教育委員は「歴史の流れを大切にしており、人物にもスポットをあてている」と評価した。

 地理と地図はいずれも帝国書院の教科書を採択。公民も7社から採択する。

横浜市の場合

産経新聞より

横浜市、前回に引き続き育鵬社の歴史・公民教科書

横浜市教育委員会は5日、市立中学校146校で平成28年度から4年間使われる歴史と公民の教科書に、前回に引き続き育鵬社(東京)の教科書を採択した。全国で最多校数の採択地区である同市の採択は大きな注目を集めていた。

 同日市内で行われた定例会で、岡田優子教育長と5人の委員の計6人で協議された。無記名投票の結果、歴史は育鵬社と帝国書院が3票ずつ、公民も育鵬社と東京書籍が3票ずつでいずれも同数となったため、会議規則により岡田教育長に一任されて育鵬社に決まった。

 岡田教育長は育鵬社を採択した理由について、「歴史は人物や文化遺産に着目した内容が多く、生徒の思考力や判断力などの育成を促す構成になっている。公民は多面的・多角的にものごとをとらえる力を育むよう工夫されている点を高く評価した」と説明した。

育鵬社の教科書(平成28年度より使用開始)

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告