大村の先輩が登場している本

首都圏なら、たいていの場合、通勤が電車となります。

電車通勤だと、通勤時間中に、本を読む時間を、毎日確実に確保できます。往復で、1日約2時間。メールの処理を除いて、1日90分を読書にあてることができます。ちりも積もれば山となる。年200日でも、90分X200日÷60=300時間。1年間で300時間、本を読む時間を持つことができます。クルマ通勤だとそうはいきません。

さて、まったく偶然に、予測さえしていない本で、大村高校(旧制大村中学)の先輩に出会うことがあります。

出会ったのは直木賞作家・出久根達郎(でくね たつろう)氏の「古書法楽」(こしょほうらく)という本の中です。新刊ではなく古本で購入したものです。

でくね

登場した大村の先輩は、大村高校・大村城南高校・大村市歌・長崎南校の校歌を作詞した福田清人(ふくだ きよと)先輩。登場するのは古書法楽の「金次郎の愛読書」の中。

福田清人作詞

もう1人、登場する先輩は、初代・大阪大学総長の長岡半太郎(ながおか はんたろう)先輩。古書法楽の「饅頭(まんじゅう)そうだ」中に登場。

iOS国語辞典 大辞泉より

iOS国語辞典
大辞泉より

私の小学生の時、相田(そうだ)という名字の人が同じクラスにいました。

この人に対して、クラスメイトが、「そうだ屋のソースケさんがソーダ飲んで死んだそうだ。葬式饅頭(そうしき まんじゅう)なかったそうだ」ということをふざけていう人がいました。

この「そうだ屋のソースケさん」のことは、なんと、関東でも、かなり昔から、歌われていたそうです。このことが書いてあります。この話が、どのようにして大村の長岡半太郎 先輩につながるのかは、この本をご高覧下さい。

大村人は、さまざまな本に登場しています。控えめな大村人も、少し自慢してもいいと思います。

長崎市や諫早市の人は、長崎市や諫早市を大きく自慢する人ばかり。それは、場所で、自慢できるだけだと思います。主役がいないので、場所を自慢するわけです。

大村の人は、大村を自慢しないのに、別の場所でたたえられ、銅像が、よその人からたてられたり(新潟で楠本正隆先輩、北海道・札幌で南鷹次郎先輩)しています。地元の自慢だけの長崎出身者・諫早出身者と、よそで貢献し、よそでたたえられる人を出す大村出身者。大きく違いますよね。

楠本正隆 新潟の銅像 記事はこちら

新潟市白山公園 楠本正隆銅像

新潟市白山公園 楠本正隆銅像

南鷹次郎 北海道・札幌の胸像 記事はこちら

北海道大学初代農学部長から北海道大学第二代学長となった南鷹次郎(みなみ たかじろう)先輩

北海道大学初代農学部長から北海道大学第二代学長となった南鷹次郎(みなみ たかじろう)先輩

大村高校写真部OBリンク

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告