韓国人に対しては、決して謝罪してはいけない。その理由1

対等という考えがない、支那〔シナ)人と朝鮮民族。支那人と朝鮮民族の人間関係には、上か下か、だけなのです。上であるためには、相手に永遠に謝罪をさせ続けます。あるいは、支那人や朝鮮民族に謝罪すると、支那人と朝鮮民族は上だと勘違いして、謝罪しろと文句ばかり言ってきます。

朝鮮民族と支那人は、過去のことばかり持ち出して、終わりがありません。いつまでたっても問題が解決しません。日本人のメンタルで支那人と朝鮮民族を考えてはいけないのです。

慰安婦問題、また、韓国がむしかえして、謝罪しろと日本に対して要求を始めるようですから、日本はこの問題に関して、二度と謝罪してはいけません。

韓国人に対しては、決して謝罪してはいけない。その理由2

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告