【開戦前?】国際仲裁(ちゅうさい)裁判所の判断:南シナ海での中国の主張と歴史的権利は、法的根拠がない

おおおおおおおお

*上記:産経新聞号外より

スクリーンショット 2016-07-13 0.22.28

スクリーンショット 2016-07-13 0.19.42

ソース:英国BBC

スクリーンショット 2016-07-13 0.20.53

判断が出ました

オランダ・ハーグの国際仲裁(ちゅうさい)裁判所が判断を出しました。訴えていたのはフィリピンです。

結論は、「中国の主張は国際法上、認められない」というものです。

中国は他国のせいにし、いやがらせを始めました

すぐに中国はアメリカと日本の陰謀説を唱(とな)え始めました。そしてフィリピンにいやがらせを始めました。

アメリカのせいにする中国

中国共産党の機関誌「人民日報」はアメリカ陰謀説。

人民日報英語版ツイッター

スクリーンショット 2016-07-13 1.10.49

日本のせいにする中国

中国共産党の通信社「新華社」は日本の陰謀説。
「柳井は日本の右翼として有名」:中国のでっちあげ?

スクリーンショット 2016-07-13 0.32.04

ソース

フィリピンへのいやがらせを始めた中国

中国が始めたフィリピンへのいやがらせ。
北京のフィリピン大使館前で、中国警察が、フィリピン大使館を車両でブロック。

スクリーンショット 2016-07-13 0.38.14

ソース

ベトナムは日本、米国、フィリピンと歩調をあわせました

ベトナムは国際仲裁裁判所の判断を歓迎。

スクリーンショット 2016-07-13 0.40.51

今後の展開

中国は国際仲裁裁判所の判断を無視し続けるでしょう。中国は南シナ海への侵略をやめないので、その場合、開戦となるのかもしれません。着々と手順を踏んで、中国が悪者であるという方向になっています。

あなたはどう思いますか?

長崎県に与える影響

長崎県ベースで考えると、このような事態になってきているのに、中国への修学旅行をやめない学校に対して、県教育委員会がどのような判断をしていくのか、注視しておく必要があるのではないでしょうか。

TVが報道したがらない、南シナ海で開戦寸前のアメリカ対中国
*画像は公開資料より引用(上記は防衛省の公開資料) 中国がこらえきれずに、米空母ロナルド・レーガンに攻撃しても、しなくても、中...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告