大音量のヘビメタを鳴らし、敵を追い出す作戦を実行したアメリカ軍と日本の歌姫リン・ミンメイ

超時空要塞マクロスは1982年(昭和57年)、つまり、今から33年前に制作され、放送されました。33年前から見た27年後の2009年の世界が描いてあります。

ただ、マクロスのように、現在は、科学技術は進歩していません。

なお、マクロスに登場するバルキリー(Valkyrie)というのは、ドイツ語でワルキューレ(Walküre)と発音する北欧の神様の英語読みです。戦場で死を定め、勝敗を決する女性の神様です。

44

さて、超時空要塞マクロス、主人公はリン・ミンメイという中国風の名前の女性ですが、着物を着て日本風(2分10秒)。80年代の女子大生のような感じです。

デジタル写真、デジタルカメラが考え出される13年前に、すでにデジタルフォトフレームが登場しています(2分30秒)。当時は、「こんなことできるわけない、アニメの世界だし」と言われていましたが。
23秒より音楽スタート

陸上自衛隊のリン・ミンメイ:鶫 真衣(つぐみ まい)さん

海上自衛隊のリン・ミンメイ:三宅由佳莉(みやけ ゆかり)さん

*戦場での歌の役割 リン・ミンメイ
文化大革命で、すべての文化を失った中国に有効な作戦か?

マクロスFより
1分05秒より 大音量の音楽も作戦に使えそうです。

それから、超時空要塞マクロスは、文化のない敵に、音楽を流し、音楽の力で敵を油断させる作戦を使います。少し違いますが、現実の戦場における米軍の作戦。

地政学者・奥山博士のツィッターより
999

パナマの位置
28

アメリカ軍が1990年(平成2年、大村高校現校舎完成の年)、パナマで、昼夜大音量で流し続けた、ガンズ and ローゼズ(Guns N’ Roses)のウェルカム トゥ ザ ジャングル( Welcome To The Jungle)。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告