10月2日から劇場公開中:34歳で没した伊藤計劃(いとうけいかく)原作「屍者(ししゃ)の帝国」

いいい

理科系で生物学、化学に進みたい高校生は見ておくことをすすめます。たいてい、SFが、現実のものになっていますから。未来やSFで描かれたことを実現してゆくのが理科系の仕事です。そして、世界的に貢献が認められたらノーベル賞が授与されます。

さて、ストーリーは、死んだ人間をよみがえらせる技術が普及した19世紀ロンドン。屍者(一度死んでよみがえった人)が世界の産業・文明を支える時代になっているのです。実在の人物が登場します。英国人のみならず、日本人も登場しています。

劇場で公開中。九州では長崎でも公開されています。
いい

予告編の動画はこちら。
Web版予告編

劇場版予告編

本はこちら。

映画上映の情報

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告