【在校生向け】東京で、大村高校の前身・集義館(しゅうぎかん)開校の1670年代から続くもの

スクリーンショット 2016-08-23 23.41.30

*写真:松坂屋美術館入口に掲げてあった年表

大村高校の前身・集義館(しゅうぎかん)は1670年に開校しました。同じく1670年代に誕生し現在も続いているのは、日本を代表するデパートである東京・日本橋の三越(みつこし)です。

*東京・日本橋 三越デパート
スクリーンショット 2016-09-02 23.54.53

なお松坂屋は三越より古く、1611年に開業しています。

*松坂屋デパート
スクリーンショット 2016-09-03 0.26.56

スクリーンショット 2016-09-02 23.52.08

ほかに、SONYも。

【在校生向け】SONYと大村高校の共通点を知っておこう

この当時、肥前・彼杵荘(そのぎのしょう)長崎村(現、長崎市)は、まだ人が住めないジャングルです。長崎市に旧家がないのは、長崎市には江戸時代以前の歴史がないためです。

*古くから続くから大村

大村市と和同開珎(わどうかいちん)

なお、領民すべてがキリスト教に改宗したのは、大村の領域だけなのです。そこが他の地域と違います。

長崎市は、もとは大村領です。長崎県と長崎市は、大村領であったことが知られないように(知られたら困るから=長崎県と長崎市が大村市の下に見られたら困るから)事実を教えない教育を続けていますから、長崎県と長崎県教育委員会にだまされないよう、事実を知っておくべきだと思います。

詳細はルイス・フロイスの日本史9巻以降に書かれています。

スクリーンショット 2016-09-03 0.02.28

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告