日本が戦争をすることになった場合、決意は、どういうサインでわかるのですか?

*画像:機雷[きらい](公開写真より)

日清戦争は、長崎事件が発端になり、日本政府は、支那である清国と戦争をする決意をかためました。それから日清戦争がおきました。

日清戦争で日本は勝利しましたが、三国干渉で、いやがらせされました。

そして、日本がロシアと戦争をする意志を固めたことは、イギリスがいち早く情報を得ました。当時の軍艦は蒸気船です。つまり、燃料が石炭です。日本は、大量の無煙炭(煙が出にくい上質な石炭)を海外に大量発注したことで、英国は、日本がロシアと戦争をする決意を固めたことを知ります。

次の戦争は、日本が朝鮮半島の戦争に巻き込まれるか、中国と戦争するか、かもしれません。

余命三年時事日記によれば、日本が戦争をする決意を固めたかどうかは、機雷(きらい)の増産が始まったかどうかで、決まるそうです。したがって、機雷(きらい)製造会社の近くには、中国人スパイや韓国人スパイが常にたむろしているそうです。

機雷とは?
7

次の戦争は、陸の戦いではなく、海と空の戦いになるようです。その場合、中国の軍艦が出港できないように、大量の機雷で、港を封鎖することになるそうです。

参考記事:余命三年時事日記 日中戦争より

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告