大村市と帯広(おびひろ)市、そしてサクサクパイ

6689000

*帯広市の位置:
東京・羽田空港から帯広空港まで約1時間30分(東京・羽田空港〜大村・長崎空港は約2時間)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-11-56-57

大村市と帯広市、市章が似た感じでした。

大村市 市章
66668888

帯広市 市章
664

他に似ているのは、帯広市(人口13万)にも大村市(人口9万)にも、それぞれ、自衛隊と民間の空港が二つあること。

違うのは、帯広を中心とする十勝地方は、食料自給率1100%(千百パーセント)という、食べ物が豊富なところ。

他、古くから続く、スイーツや食べ物の店があること。行ってきたところの写真を貼っておきます。スイーツは北海道を代表する六花亭と柳月があります。

六花亭

柳月

北海道ぶた丼 発祥のお店「ぱんちょう」 帯広駅前
平日なのに列ができていました。
95862

明治時代に創業、110年を超える歴史の「ふじもり」が経営するカレーのインデアン
6859

老舗では、ぱんちょうの豚丼、インデアンのカレー、ハゲ天のかきあげ丼らしい。
ぱんちょうが混んでいたので、はげ天に入り、かきあげ丼ではなく、豚丼を注文。
968

帰りの帯広空港には、六花亭のサクサクパイ(賞味期限が3時間)。すぐ食べないと。
658932147

賞味期限、わずか3時間のサクサクパイ

スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告