【在校生向け】約100年前の大村高校マラソン大会と東大教授・黒板(くろいた)先輩

スクリーンショット 2016-04-25 13.56.04

*写真:今から約100年前の、大正7年(1918)〜大正11年(1923)、旧制大村中学在学中のことを描いた、福田清人先輩の作品「秋の目玉」より

マラソン大会と秋の目玉

*福田清人(ふくだきよと)先輩
スクリーンショット 2016-04-05 1.29.42

経歴:東彼杵(ひがしそのぎ)郡出身。旧制大村中学(5年制)を2番で卒業→旧制福岡高等学校(3年制、現・九州大学教養部)→東京大学文学部卒

当時の旧制大村中学は定員100名でしたが、期末試験の平均点が60点以下の科目が1つでもあれば落第でした。100名入学し、卒業できたのが66名と記録にあります。

鉄道はSL(蒸気機関車)で、長崎線(現、大村線)が開通していましたが、自動車がない時代です。通学できない生徒には寄宿舎(きしゅくしゃ)がありました。福田清人先輩は寄宿舎で5年間過ごされました。大村の分校として開校する旧制諫早中学は、この時点では開校していません。

作品の中で、旧制大村中学は「九島中学」、大村神社は「九島神社」と書かれています。当時のマラソン大会は10月に開催されていました。また、当時は、マラソンの距離は「キロメートル」ではなく「マイル」で表記されていたようです。

*講談社文庫「秋の目玉」より
スクリーンショット 2016-04-25 14.12.19

福田清人先輩が入学する5年前に大村高校マラソン大会が始まっています。

*昭和9年(1934)のマラソン大会:鶴亀橋方面から本町を撮影してあります。成功堂(セイコー堂薬局)、魚屋さん(魚光)が写っています。
スクリーンショット 2016-04-25 14.19.08

同じ場所で、現在。セイコー堂だった建物は平成26(2014)年ころ解体されたようです。グーグルストリートビューより。
スクリーンショット 2016-04-26 4.04.15

緑色が成功堂(セイコー堂)でした。
スクリーンショット 2016-04-26 4.03.59

スクリーンショット 2016-04-26 4.03.41

スクリーンショット 2016-04-26 4.03.05

当時のマラソン大会に関しては:

大村高校マラソン大会はどのようにして始まったのか?

【在校生向け】今年度、大村高校マラソン大会は百周年を迎えます
皆様、忘れていらっしゃるのではないかと思いますが、平成27年度/2015年度(平成27年4月1日〜平成28 年3月31日)で、大村高校マラ...

東大教授となった先輩を迎えて、講演会

当時から、旧制大村中学では、先輩を迎えて講演会が実施されていました。福田先輩に大きな影響を与えたのは、旧制大村中学出身の先輩で東大教授となり、それまでバラバラだった日本の歴史を体系的にまとめた黒板(くろいた)博士を迎えての講演会でした。

*作品では、「黒板博士」のことは「黒金博士」となっています。「地獄段(じごくだん)」と書かれているのは、大村神社の「いろは段」です(いまもあります)。それから、あまり知られていませんが、大村高校テニス部は、ボート部と同じく、実は100年以上の歴史があります。

スクリーンショット 2016-04-25 14.26.37

昔から、大村にいやがらせばかりしてきた長崎県、県知事、そして長崎県職員が、旧制大村中学でも嫌われていたことがわかります。大村高校でも口には出せないものの、生徒の間では、長崎県、県知事、そして長崎県職員が、決して好かれていない伝統は続いていると思います。

スクリーンショット 2016-04-25 14.29.06

興味がありましたら、図書館で、福田清人先輩が書いた「秋の目玉」を探して読んでみて下さい。

福田先輩は、大村高校校歌の作詞もされています。

大村高校の校歌エピソード
校歌制定エピソード 旧制大村中学校校歌は、昭和3年/1928年11月制定されました 大正13年/1924年、鹿児島から、二高...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告