余命三年時事日記、12月17日から発売開始です

余命三年時事日記ブログは、サヨクらしき勢力から攻撃され、一度、強制的に閉鎖させられた実績があるくらいなので、余命ブログには、サヨク勢力が世間に知られたら困る事実が書かれてあると考えて良いでしょう。

*サヨク勢力=反日勢力。韓国・朝鮮人、中国人、日本共産党、民主党、社民党、労働組合、日教組、全教など

一度は閉鎖に追い込まれましたが、余命三年時事日記ブログは、URLを変えて復活しています。

余命三年時事日記本は、アマゾンで、発売前の予約で、注文が殺到し、すでに予約の段階で発売される前から政治部門で売れ筋ランキング1位になっています。

18

さて、妄想と書かれブログが始まったようですが、ほとんどが現実となっています。

最初からインパクトのある事実が流布されると、反日勢力が言論の弾圧、いやがらせ、そして圧力をかけてきますから(実際に、ブログは閉鎖に追い込まれた)、妄想ということでスタートし、情報が拡散され、多数の人が事実を知り始めたところで、さらにいいタイミングで事実が知れ渡るように出版されます。

12月17日から発売開始の余命三年時事日記の本の内容
アマゾン 商品説明より引用

この妄想ブログは、100%現実化してきた!

余命三年を宣告されたブロガーが、残された人生をかけて、左翼や在日が知られたくない情報を暴露。
一度閉鎖され、その後復活したこともある不屈のブログがついに書籍化!
日韓、在日に関するさまざまな問題を暴き、今後の展開を正確かつ大胆に予測。

C

〈目次〉
序文 余命3年と宣告されて

第1章アメリカも一目置く日本
アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ/アメリカは日本の何を警戒しているのか/アメリカの苦慮と対日観の変化/日本とアメリカ、それぞれの「正義」

第2章 韓国の崩壊
韓国外交破綻へ一直線/駐留米軍「ゼロ」が意味するもの/第一次安倍内閣時代の極秘交渉をあらためて読み解く/中韓通貨スワップ協定もあてにならず/UAE原発建設問題/韓国が隠蔽遮断した情報

第3章 在日の終焉
改正入管法で追い詰められる在日/在日韓国人徴兵が進行中/在日特権廃止に向けて/マイナンバーと在日特権/動き出した国税局/マイナンバー受け取り拒否をする人々/公安資料流失/新大久保嫌韓デモ/生活保護もあてにならず/ヘイトだヘチマだと叫んでも

第4章 在日韓国人への警告
反日感情の裏にあるのは日本人への恐怖心/事実を知れば全日本人が大きな復讐心を持つことに/テロ資産凍結法/ネット銀行口座凍結/もう悪いことはできない! 10万単位の凍結口座が存在⁉/在日が頼みとする司法の壁も必ず崩壊する/反日在日は有事になれば「外患罪」で全滅だ

第5章 通報祭り│日本人の逆襲
余命プロジェクトチームからTO君へ/入管通報用 自動通報ソフト/集団通報の目的と意味

第6章 余命1〜40号

番外編 日韓戦争
日韓戦争は起きるのか/現状と戦後史/日本の態勢/日本の態勢/韓国の態勢/戦争の見通し/戦争の後始末とその後

エピローグ 日本人の民度と国家間の優劣

注*在日(ざいにち)=在日韓国人、在日朝鮮人

マイナンバーに関して:12月4日の余命三年時事日記より引用

安倍総理の段取りは7月8日で在日の国籍と居住は特定し、次はその居住の実態確認というわけで、そのマイナンバーの本人確認のために簡易書留を使っているのである。

したがって、こういう流れを知っていれば、現状、マイナンバー制度に反対する者がどのような勢力であるかが見えてくる。今回は将来的にはということを含めてざっと考察する。

中略

受け取りを拒否した場合のデメリットとしては、まずマイナンバーを介しての社会保障制度や社会生活への影響がある。マイナンバーがなければ、引っ越しもできない。要するに住民移動から水道、ガス、電気というインフラすべてが設定不能となる。

 銀行口座の開設は不可。当然携帯も使えない。マイナンバーを持っていない者を採用する会社はないであろうから当然、就職も転職も難しくなる。健康保険証はアウト。年金も生活保護もアウトだろう。ナンバーがなければ会社は給料が支払えないし、そもそも銀行口座がないだけで社会生活は破綻するだろう。

中略

ここ数ブログでもふれているが、このマイナンバー法はストレートにいって在日対策法でもある。

中略

すでに国連関係ではテロ委員会での指定によって、国内での国際テロリスト指定はスライドされるように法整備されている。暴対法によって指定されても口座凍結をはじめテロ法の実効性はないのだが、在日外国人はそうはいかない。

 現行、広域指定暴力団と指定されている場合、そうなれば在日は無条件で国際テロリストとして強制送還される。政府は暴発に備えて、テロ対策に特別対策組織の創設を検討しているようだが、暴力団側も指定された場合に備えて対策を練っているようだ。山口組離脱という動きもその一環だろう。指定から外れれば、少なくとも再指定に半年や1年はかかるからだ。マイナンバーの居住実態の確認は別の狙いを秘めていたのである。

12月4日版 余命三年時事日記より

現在、日本のテロリストは、先日の靖国神社爆発テロ事件で明らかになったように、朝鮮民族ではないでしょうか。

犯人はやっぱり韓国人:靖国神社爆破テロ事件 朝日新聞だけが報道しない理由
*写真は産経新聞より 韓国人が靖国神社で爆破テロ事件をおこしましたが、韓国人の犯行当日は、七五三で子供連れが多い日(11月23日祝日)...
余命三年時事日記、妨害といやがらせで、一般の書店ではすぐに入手できない?
「余命三年時事日記」本、アマゾンで購入しました。 ただ、おそらくサヨク(民主・社民・共産)、そして朝鮮人からのいやがらせと妨害工作と圧...
発売された「余命三年時事日記」
アマゾンで1位のベストセラーなのに、新聞もTVも取り上げない、無視されている本。なぜなら、事実が書いてあるから。 ...
スポンサーリンク
レクタングル大広告

【このページの情報を拡散する】

スポンサーリンク
レクタングル大広告